News

2017.11.18 UPDATE
「亀田縞」ブランドPRにNoism1メンバー出演

新潟で生まれた綿織物「亀田縞」のブランドPRプロジェクトに、Noism1メンバーがモデルとして参加した写真・映像が公開されました。
 

「亀田縞」は、かつて芦沼だった亀田郷(現在の新潟市江南区)で稲作に従事する農民がつくり出した泥や水に強い丈夫な綿織物です。
新潟の広大な湿地で、腰にまで浸かる過酷な米作りを支え、300年以上の歴史をもちながらも、戦後、一度は途絶えてしまった亀田縞。
21世紀の今、亀田の職人たちの熱い思いによって蘇り、洋服や風呂敷、扇子など、さまざまな製品で取り入れられています。
 

今回、海外を含めた新たな販路の拡大を見据えた「亀田縞のブランド化」プロジェクトから依頼をいただき、「Noism×亀田縞」のコラボレーションが実現。
新潟の悠大な自然を背景に、Noism1の井関佐和子・中川賢・吉﨑裕哉の3名が、亀田縞を纏って踊りました。
 

亀田縞のホームページにて、プロモーション動画や写真をご覧いただけます。
 

▼亀田縞ホームページ
https://kamedajima.net/

 
▼カタログ

私たちはNoismの活動を応援しています。