News

2015.02.27 UPDATE
新書館「DANCE MAGAZINE」4 月号 Noism1「ASU〜不可視への献身」公演評/執筆:石井達朗氏

新書館より 2/27(金)発売の「DANCE MAGAZINE」4 月号に、 Noism1『ASU~不可視への献身』の舞台評が掲載されました。執筆は舞踊評論家の石井達朗さんです。 舞台評では、前作の劇的舞踊『カルメン』等の「物語性」に寄り添った作品とは異なる「ダンスそのものに真正面から向き合う二部 構成」として紹介。第 1 部、第 2 部、それぞれの作品について「磨き抜かれた蓄積の輝きと、次なる時空に飛び立とうという、11 年目にふさわしい 2 演目だった」と評価していただきました。全国の書店で販売中ですので、ぜひご覧ください。

▼ダンスマガジン(新書館)ウェブサイト

http://www.shinshokan.co.jp/dance/index_dance.htm

私たちはNoismの活動を応援しています。