News

2018.02.28 UPDATE
中高生記者による『NINA』紹介記事

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催を前に、共同通信社が主宰となり、
全国の中高生がジャーナリストとして各地の文化を取材する「文化プログラムプレスセンター」。

 

このプログラムの一環として、12月にりゅーとぴあで開催したNoism1『NINA-物質化する生け贄』新潟公演を、
新潟市内の中高生記者の皆さんが取材しました。
 

学生記者の皆さんは『NINA』を観劇し、来場のお客様やカンパニー関係者へのインタビューを行い、記事を制作しました。
舞踊作品を観るのは初めてという方がほとんどでしたが、作品を自分なりに解釈しながら、懸命に取材し記事を執筆してくださいました。

 
専用ページに制作した力作の記事がアップされていますので、ぜひご覧ください!

 

▼文化プログラムプレスセンター専用サイト
http://www.presscentre.net/

私たちはNoismの活動を応援しています。