Next Performance & Events

柳都会
2016.05.15 UPDATE
対話による公開講座「柳都会」#16
田根剛×金森穣

Noism lecture+discussion
対話による公開講座「柳都会」
りゅーとぴあ専属舞踊団Noismでは、芸術・社会・暮らし・政治・思想・文化・経営など、さまざまな領域で活躍する専門家を招き、知的刺激を交換しながら討議を行なうための場として「柳都会(りゅうとかい)」を開催します。それぞれの専門的視座から見据える現代社会について共に考える、誰でも参加可能な開かれた会です。


 

「柳都会」#16 田根剛×金森穣

―世界を舞台に飛び回る建築家が考える、21世紀の建築とは?

建築家・田根剛。現在は、パリを拠点に世界各地で20以上のプロジェクトに関わっています。
『SHIKAKU』(04)、『PLAY 2 PLAY』(07)、『ZONE』(09)、『中国の不思議な役人』『青ひげ公の城』(11)等、Noismではこれまで何度も舞台空間デザインで創作を共にしてきました。6月には、7作目のコラボレーションとなる劇的舞踊『ラ・バヤデール-幻の国』の初演が控えています。
26歳の若さでエストニア国立博物館の国際コンペを勝ち取り、建築家としてデビュー。エストニアの国家プロジェクトであるこの博物館は、10年以上の時間をかけて今年ついに完成します。2020年の東京オリンピック招致に向けた新国立競技場の国際コンペでは、通称「古墳スタジアム」がファイナリストに選ばれ、「宇宙船(ザハ案)か、古墳(田根案)か」として大きな注目を集めました。建築の枠に留まらず、舞台芸術やインスタレーション等多彩なプロジェクトに携わってきた田根剛が考える、「21世紀の建築」とは?
日時:2016/6/26(日)16:30-18:30
会場りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館〈スタジオB〉
登壇者:田根剛(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)
金森穣(演出振付家・舞踊家。りゅーとぴあ舞踊部門芸術監督、Noism芸術監督)
参加費:500円(要予約。当日会場にてお支払をお願いいたします。)
申込方法:メール、Faxまたは往復ハガキにて ※参加定員に達した為、受付を終了いたしました。
[1]氏名(ふりがな) [2]郵便番号 [3]住所 [4]Tel / Fax [5]メールアドレス
を明記のうえ、下記までお申込みください。
*メールの場合は、件名を「Noism柳都会申込」としてください。
*定員になり次第締め切らせていただきます。
*お申込みいただいた方には、折り返し確認のご連絡を差しあげます。

 

お問い合わせ:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 Noism「柳都会」係
〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3-2
Tel: 025-224-7000 Fax: 025-224-5626
E-mail: info-noism@ryutopia.or.jp

 

TT_Alexandre Isard田根 剛  Tsuyoshi Tane
1979年東京生まれ。建築家。2006年、ダン・ドレル(イタリア)、リナ・ゴットメ(レバノン)と共にDGT.(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)をパリに設立。 現在「エストニア国立博物館」(2016年秋完成)をはじめ、2012年に新国立競技場基本構想国際デザイン競技で「古墳スタジアム」がファイナリストに選ばれ国際的な注目を集めた。フランス文化庁新進建築家賞、フランス建築家国際大賞2016など受賞多数。2012年よりコロンビア大学GSAPPで教鞭をとる。
www.dgtarchitects.com

 

 

photo: Alexandre Isard

 

 

主催:公益財団法人 新潟市芸術文化振興財団
製作:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

 

【会場へのアクセス】
〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3-2 TEL:025-224-7000(事業企画部)

電車■JR越後線白山駅より徒歩15分
車■新潟駅万代口より15分、関越自動車道/磐越自動車道新潟中央I.C.より20分
バス■新潟駅万代口より15~20分、萬代橋ライン(BRT)青山方面行「市役所前」下車徒歩5分
バス時刻・運賃検索(新潟交通サイト)
※りゅーとぴあには専用の駐車場がありません。なるべく公共交通機関をご利用ください。
りゅーとぴあ劇場アクセスページ

私たちはNoismの活動を応援しています。