NINA 物質化する生け贄

[新潟公演]2017.12.15‐17 
りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館〈劇場〉
[埼玉公演]2018.2.17‐18  
彩の国さいたま芸術劇場〈大ホール〉

Down

photo:Kishin Shinoyama

世界8か国18都市で
喝采を得た
Noism初期代表作、

9年ぶりの日本凱旋!

photo:Kishin Shinoyama

HIGHLIGHTS 1

Noism初期の代表作

Noism芸術監督の金森穣が「舞台における舞踊家の身体とはどのような“状態“であるべきか」を模索するなかで、身体そのものの“普遍的な強度”を追求して生まれたのが本作。2005年の初演以来、8か国18都市で上演し「Noismの精神と身体を象徴する作品」として評価の高い初期代表作。

HIGHLIGHTS 2

「Noismメソッド」の
出発点

“張りのある身体”を養うためのトレーニングとして、Noismの舞踊家たちが日々取り組む「Noismメソッド」は、NINAの創作をきっかけに誕生。「絶対的な集中力を放つ身体と、それを可能にする精神性を持った専門家集団」というカンパニーの理念を支える柱として大きな役割を担っている。

HIGHLIGHTS 3

世界各地を巡り、
より深く、強い作品に

Noism初の海外公演にもつながったNINAは、世界各地の劇場を巡り、様々な文化背景を持つ観客と対峙することで、深化してきた。これまでに8カ国18都市の様々な文化環境のなかで上演し、常に喝采を受け続けてきた。今回は、’10年のパリ公演以来7年ぶり、国内では9年ぶりの上演となる。

photo:Kishin Shinoyama

Noism初期の写真

HIGHLIGHTS 4

衣裳をリニューアル

再演にあたり、衣裳をリニューアル。手がけるのは、最新のデジタルテクノロジーを駆使したクリエーションを行うファッションブランド「SOMARTA」の廣川玉枝。ブランドの代名詞であり、レディ・ガガやマドンナも愛用することでも話題の無縫製ニット「Skinシリーズ」の進化系で、NINAの世界を創作する。

HIGHLIGHTS 5

集団として、踊り継ぐ

初演オリジナルキャストである副芸術監督の井関佐和子は、本作では出演せず、リハーサルディレクターとしてメンバーの指導に当たる。Noismの古典とも言えるNINAを踊り続けることで井関が見出した精神的・肉体的な世界を、Noismのこれからを担う若い世代へと受け渡していく。

HIGHLIGHTS 6

東アジアツアー凱旋公演

今冬の日本公演に先駆けて10〜11月には大邱(韓国)、杭州(中国)、香港(中国)の東アジア3都市を巡演。’08年以来、9年ぶりとなる国内公演は、東アジアツアーからの凱旋公演となる。また、金森がアーティスティックディレクターを務める「新潟インターナショナルダンスフェスティバル 2017(NIDF)」の参加作品としても位置付けられている。

photo:Kishin Shinoyama

INTERVIEW

photo:Kishin Shinoyama

金森穣

Jo KANAMORI

演出振付:金森穣

(Noism芸術監督)

Noismは集団として、
その覚悟を問う方法論を
見つめ直さないといけない。

photo: Noriki Matsuzaki

井関佐和子

Sawako ISEKI

リハーサルディレクター:井関佐和子

(Noism副芸術監督)

舞台で生きることを
本気で欲するかどうか、
それが明らかになる作品です。

photo:Kishin Shinoyama

CREDIT

『NINA-
物質化する生け贄』

演出振付:金森穣 
  音楽:トン・タッ・アン
衣裳:廣川玉枝(SOMA DESIGN)
椅子:須長檀
オリジナル照明デザイン:金森穣、森島都絵
リハーサルディレクター:井関佐和子
出演:Noism1
中川賢、池ヶ谷奏、吉﨑裕哉、浅海侑加、
チャン・シャンユー、
坂田尚也、
井本星那、鳥羽絢美*、西岡ひなの*、
山田勇気(特別出演)
*=準メンバー

photo:Kishin Shinoyama

SCHEDULE & TICKETS

新潟公演

新潟インターナショナル
ダンスフェスティバル
[NIDF2017]参加作品

2017.12.15(金) 19:00 /
12.16(土) 17:00 / 12.17(日) 15:00
※全3回
[会場]
りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館〈劇場〉
[入場料]
一般S席:4,000円 
A席:3,000円/
U25 S席:3,200円 
A席:2,400円
(全席指定)

[同時上演]
NINA本編の前に金森穣演出振付による
井関佐和子のソロ作品を上演します。

『The Dream of the Swan』(新作)

演出振付:金森穣 音楽:トン・タッ・アン 美術:須長檀 出演:井関佐和子
※『NINA』埼玉公演での上演は未定です。 
※上演時間約15分

埼玉公演

2018.2.17(土) 17:00 / 2.18(日) 15:00
※全2回
[会場]
彩の国さいたま芸術劇場〈大ホール〉
[入場料]
一般:5,500円 / U25:3,500円
(全席指定)

▶りゅーとぴあオンライン・チケット
 http://www.ticket.ne.jp/ryutopiaticket/
▶イープラス http://eplus.jp/
▶彩の国さいたま芸術劇場チケットセンター
 http://www.ticket.ne.jp/saf/
 ※埼玉公演のみ取扱

東アジアツアー

韓国・大邱公演

Daegu Asia Contemporary Dance Festival

2017年10月2日(日)
会場:Daegu Arts Center〈Palgong Hall〉

中国・杭州公演

第24回 BeSeTo 演劇祭 中国開催

2017年11月8日(水)、9日(木)
会場:Zhejian Concert Hall

中国・香港公演

City Contemporary Dance Festival

2017年11月24日(金)
会場:Kwai Tsing Theatre

photo:Kishin Shinoyama

MOVIE

Trailer 1

Trailer 2 金森 & 井関編

ABOUT NOISM

Noism1

芸術監督:金森 穣  副芸術監督:井関佐和子
Noism1:中川賢、池ヶ谷奏、吉﨑裕哉、
浅海侑加、チャン・シャンユー、
坂田尚也、井本星那、
鳥羽絢美*、西岡ひなの* 
*=準メンバー

りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館を拠点に活動する日本発の劇場専属舞踊団。演出振付家・舞踊家の金森穣がりゅーとぴあ舞踊部門芸術監督に就任したことにより2004年に設立。モスクワ・チェーホフ国際演劇祭との共同制作や、サイトウ・キネン・フェスティバル松本のオペラ&バレエへの出演など、国内や海外各地で多岐に渡って活動している。舞踊家たちの圧倒的な身体と鋭い問題意識に裏打ちされた作品、新潟から世界を見据えたカンパニー活動は、21世紀の新たな劇場文化のモデルとして各方面から注目を集めている。

2017 © Noism All Rights Reserved.