About Noism

りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館が舞踊部門芸術監督に金森穣を迎えたことにより、日本初の公立劇場専属舞踊団として2004年4月設立。正式メンバーで構成されるメインカンパニーNoism1(ノイズムワン)と研修生が所属するNoism2(ノイズムツー)の2つのカンパニーからなり、新潟を拠点に日本国内をはじめ海外8か国11都市でも公演を行っている。’09年にはモスクワ・チェーホフ国際演劇祭との共同制作、’11年にはサイトウ・キネン・フェスティバル松本制作のオペラ&バレエにカンパニーとして参加する等、その活動は多岐に渡り、設立後3度の更新を経て’16年8月までの活動延長が決まっている。今なお国内唯一の公共劇場専属舞踊団として、21世紀日本の劇場文化発展の一翼を担うべく、常にクリエイティブな活動を続けている。第8回朝日舞台芸術賞舞踊賞受賞。

Noism Artistic Director
金森 穣
Jo KANAMORI
りゅーとぴあ舞踊部門芸術監督
Noism芸術監督
演出振付家、舞踊家
Photo: Kishin Shinoyama
Noism Vice-Artistic Director
井関 佐和子
Sawako ISEKI
Photo: Noriki Matsuzaki
Noism2 Resident Choreographer
Rehearsal Director
山田 勇気
Yuki YAMADA
Photo: Noriki Matsuzaki
私たちはNoismの活動を応援しています。