Next Performance & Events

柳都会
2017.09.22 UPDATE
対話による公開講座「柳都会」vol.17
廣川玉枝×金森穣

Noism lecture+discussion
対話による公開講座「柳都会」
柳都会(りゅうとかい)は、毎回多彩なゲストを招いて開催する公開講座。金森穣をホストに、芸術・社会・暮らし・政治・思想・文化・経営など様々な領域で活躍する専門家と、それぞれの専門的視座から見据える現代社会について共に考える、知的刺激にあふれた会です。


 

「柳都会」vol.17 廣川玉枝×金森穣

-デザインと技術 継承と創造の関係性

デザイナー・廣川玉枝。強く美しい女性を想起させるファッションブランドSOMARTA(ソマルタ)をはじめ、グラフィックデザイン、サウンドクリエイト、ビジュアルディレクション等を手掛けるクリエイティブ集団SOMA DESIGNを率いている。「身体における衣服の可能性」をコンセプトに、主役となる服だけでなく、音楽や映像等最新のテクノロジーを駆使してその世界観を描き出すかと思えば、一方で400年以上の歴史を持つ友禅染や西陣織の老舗との協業を行う等、幅広く活動している。探究を続けている無縫製ニット「Skin」シリーズは、レディ・ガガも愛用することで知られるが、今秋7年ぶりに上演されるNoismの初期代表作『NINA』で一新される衣裳も、このシリーズのひとつの進化系だ。「第二の皮膚」として身体を彩る衣裳は、どのようにして生まれたのか。その創作過程はもちろん、最新のデジタル技術と職人の伝統的な手作業、どちらに対しても多大な好奇心と尊敬を持って向き合い、自らの創作に取り込むその仕事について聞く。

 

日時:2017/12/3(日)16:00-18:00
会場りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館〈能楽堂〉
登壇者:廣川玉枝(SOMA DESIGN)
金森穣(演出振付家・舞踊家。りゅーとぴあ舞踊部門芸術監督、Noism芸術監督)
 

参加費:500円(要予約。当日会場にてお支払をお願いいたします。)
申込方法:メール、Faxまたは往復ハガキにて
[1]氏名(ふりがな) [2]郵便番号 [3]住所 [4]Tel / Fax [5]メールアドレス
を明記のうえ、下記までお申込みください。
*メールの場合は、件名を「Noism柳都会申込」としてください。
*定員になり次第締め切らせていただきます。
*お申込みいただいた方には、折り返し確認のご連絡を差しあげます。

 

お問い合わせ:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 Noism「柳都会」係
〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3-2
Tel: 025-224-7000 Fax: 025-224-5626
E-mail: info-noism@ryutopia.or.jp

 

TT_Alexandre Isard廣川 玉枝 Tamae Hirokawa

2006年「SOMA DESIGN」として活動開始。同時にデザインプロジェクト「SOMARTA」を立ち上げる。同年「身体における衣服の可能性」をコンセプトにボディウエアシリーズ”Skin”を発表。2007年S/Sより東京コレクション・ウィークに参加。第25回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。Canon[NEOREAL]展(2008 Milano)/ TOYOTA [iQ×SOMARTA MICROCOSMOS]展(2008 Tokyo)/Mercedes-Benz [SOMARTA x smart fortwo “Thunderbird”] (2012 Tokyo)にてインスタレーション作品を発表。YAMAHA MOTOR DESIGNとのコラボレーションで電動アシスト車いす[02Gen-Taurs(タウルス)](2014)を発表。資生堂総合美容施設「SHISEIDO THE GINZA」(2011)、「CLÉ DE PEAU BEAUTÉ」(2013)の制服を手掛ける。京都の友禅染、西陣織老舗との協業により新時代の和装をコンセプトに[Kimono-Couture](2014)を発表。ASIAN COUTURE FEDERATIONのメンバーに正式加入(2014)。また2016年10月には国内外初の単独個展「廣川玉枝展 身体の系譜 -Creation of SOMARTA-」を開催し話題を呼ぶなど活動の幅を多岐に広げている。

www.somarta.jp

 

 

主催:公益財団法人 新潟市芸術文化振興財団
製作:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

 

【会場へのアクセス】
〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3-2 TEL:025-224-7000(事業企画部)

電車■JR越後線白山駅より徒歩15分
車■新潟駅万代口より15分、関越自動車道/磐越自動車道新潟中央I.C.より20分
バス■新潟駅万代口より15~20分、萬代橋ライン(BRT)青山方面行「市役所前」下車徒歩5分
バス時刻・運賃検索(新潟交通サイト)
※りゅーとぴあには専用の駐車場がありません。なるべく公共交通機関をご利用ください。
りゅーとぴあ劇場アクセスページ

私たちはNoismの活動を応援しています。