CLOSE

Next Performance & Events

柳都会
2019.08.08 UPDATE
柳都会vol.21 森優貴×金森穣
―日本の劇場で、専属舞踊団は必要とされるのか?

Noism lecture+discussion
対話による公開講座「柳都会」
柳都会(りゅうとかい)は、毎回多彩なゲストを招いて開催する公開講座。金森穣をホストに、芸術・社会・暮らし・政治・思想・文化・経営など様々な領域で活躍する専門家と、それぞれの専門的視座から見据える現代社会について共に考える、知的刺激にあふれた会です。


 

「柳都会」vol.21 森優貴×金森穣

―日本の劇場で、専属舞踊団は必要とされるのか?

劇場は、舞台という非日常の体験を通して現代社会を鏡のように映し出すところです。社会を違う角度から見つめることで、人間について深く考え、日常では出会えないような感動を味わう。そんな体験を共有できる場であり、それを批評したり他者と議論することで、一人一人が主体的に関わる豊かな社会を育むことが劇場の役割のひとつです。そのために、Noismでは、国際的な財産となるような舞踊の専門家を育て、新潟から世界に向けて創造・発信を続けてきました。Noismが2004年に新潟で設立されてから15年。未だ国内では続く劇場専属舞踊団は現れていません。
今回の柳都会では、今冬、Noism1公演で新作を発表する森優貴氏をゲストに迎え、「劇場文化」について真正面から考えます。森優貴氏は、日本人として初めて欧州の公立劇場の芸術監督に就任した、演出家・振付家・ダンサーです。ドイツ・レーゲンスブルク歌劇場ダンスカンパニーの芸術監督として、今夏まで活躍してきました。この秋からは、主な活動の拠点を日本に移すことが発表されています。
森優貴氏と金森穣。世界の第一線で活躍してきた2人の舞踊家が、欧州で何を得て、日本に何を求め、今ここで何と対峙している/しようとしているのか。単に欧州と日本の環境を比較するのではなく、日本という国で劇場文化を根付かせていくためには何が必要なのか、ともに考えます。
 

日時:2019.09.29(日)15:00-17:00 ※14:50開場
会場りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館〈スタジオB〉
登壇者:森優貴(演出家・振付家・ダンサー)
金森穣(演出振付家・舞踊家。りゅーとぴあ舞踊部門芸術監督、Noism芸術監督)
 

参加費:500円(当日会場にてお支払をお願いいたします。)
申込方法
*WEBでのお申込み*
こちらのお問合せフォームからお申込みいただけます。

件名は「柳都会vol.21」として、メッセージ本文に、連絡の取れるお電話番号をご記入いただき、送信してください。
複数名でご来場される方は、本文にお名前をご記入ください。
 

*Faxまたは往復ハガキでのお申込み*
[1]氏名(ふりがな) [2]郵便番号 [3]住所 [4]Tel / Fax
を明記のうえ、下記までお申込みください。
 

お問い合わせ・お申込み:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 Noism「柳都会」係
〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3-2
Tel: 025-224-7000 Fax: 025-224-5626
E-mail: info-noism@ryutopia.or.jp
 

*定員になり次第締め切らせていただきます。
*お申込みいただいた方には、折り返し確認のご連絡を差しあげます。
*電話でのお申込みは受付けておりません。
 

森 優貴 Yuki Mori
演出家・振付家・ダンサー。
1997年にハンブルク・バレエ・スクールへ留学後、1998-2001年ニュルンベルグバレエ団、2001-2012年シュテファン・トス率いるトス・タンツカンパニーに在籍、芸術監督であったシュテファン・トスの数多くの新作で主役を務める他、イリ・キリアン、ウィリアム・フォーサイス、マッツ・エックら著名振付家による作品を踊る。2005年ハノーファーで開催された第19回国際振付コンクールにて『Missing Link』を発表し観客賞と批評家賞を同時受賞。2012年9月ドイツ・レーゲンスブルグ歌劇場Theater Regensburg Tanz(レーゲンスブルク劇場ダンスカンパニー)の芸術監督に就任。日本人で初めての欧州での芸術監督となる。就任後、次々に新作を発表し、ダンスのみならずジャンルを超えた演出振付作品を手がけ、ドイツ国内外の芸術機関、芸術メディアから「緻密で繊細な演出と構成力を強みとし音楽性豊かにダンス作品を生み出す日本人振付家が率いる今最も注目するべきダンスカンパニー」と評価される。2019年8月から日本を拠点としてヨーロッパ以外でも演出振付活動を開始。平成19年度文化庁芸術祭新人賞、「週刊オン★ステージ新聞」新人ベスト1振付家、平成24年度兵庫県芸術奨励賞、平成29年度神戸市文化奨励賞など受賞歴多数。
 
 

主催:公益財団法人 新潟市芸術文化振興財団
製作:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

 

【会場へのアクセス】
〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3-2 TEL:025-224-7000(事業企画部)

電車■JR越後線白山駅より徒歩15分
車■新潟駅万代口より15分、関越自動車道/磐越自動車道新潟中央I.C.より20分
バス■新潟駅万代口より15~20分、萬代橋ライン(BRT)青山方面行「市役所前」下車徒歩5分
バス時刻・運賃検索(新潟交通サイト)
※りゅーとぴあには専用の駐車場がありません。なるべく公共交通機関をご利用ください。
りゅーとぴあ劇場アクセスページ

私たちはNoismの活動を応援しています。