Reports

Noism 1&2
バレエミストレスコラム
-カルメン再演への物語 最終話
Noismバレエミストレス真下恵が、創作の日々の中からお届けするコラム。
ある時は演出振付家の隣でメモをとり、またある時には舞踊家たち一人一人に客観的視点からアドバイスし、リハーサルを見つめ続けてきたミストレスだからこその目線で時折綴ります。
Noism 1&2
バレエミストレスコラム
−カルメン再演への物語 第7話
Noismバレエミストレス真下恵が、創作の日々の中からお届けするコラム。
ある時は演出振付家の隣でメモをとり、またある時には舞踊家たち一人一人に客観的視点からアドバイスし、リハーサルを見つめ続けてきたミストレスだからこその目線で時折綴ります。
Noism 1&2
バレエミストレスコラム
−カルメン再演への物語 第6話
Noismバレエミストレス真下恵が、創作の日々の中からお届けするコラム。
ある時は演出振付家の隣でメモをとり、またある時には舞踊家たち一人一人に客観的視点からアドバイスし、リハーサルを見つめ続けてきたミストレスだからこその目線で時折綴ります。
WS
先生のためのからだワークショップ
2月9日、新潟市「踊り文化推進事業」の一環として中学校教員を対象にした「からだワークショップ」を亀田総合体育館にて行いました。
Noism 1&2
バレエミストレスコラム
−カルメン再演への物語 第5話
Noismバレエミストレス真下恵が、創作の日々の中からお届けするコラム。
ある時は演出振付家の隣でメモをとり、またある時には舞踊家たち一人一人に客観的視点からアドバイスし、リハーサルを見つめ続けてきたミストレスだからこその目線で時折綴ります。
Noism 1&2
バレエミストレスコラム
−カルメン再演への物語 第4話
Noismバレエミストレス真下恵が、創作の日々の中からお届けするコラム。
ある時は演出振付家の隣でメモをとり、またある時には舞踊家たち一人一人に客観的視点からアドバイスし、リハーサルを見つめ続けてきたミストレスだからこその目線で時折綴ります。
Noism 1&2
バレエミストレスコラム
−カルメン再演への物語 第3話
Noismバレエミストレス真下恵が、創作の日々の中からお届けするコラム。
ある時は演出振付家の隣でメモをとり、またある時には舞踊家たち一人一人に客観的視点からアドバイスし、リハーサルを見つめ続けてきたミストレスだからこその目線で時折綴ります。
Noism 1&2
バレエミストレスコラム
−カルメン再演への物語 第2話
Noismバレエミストレス真下恵が、創作の日々の中からお届けするコラム。
ある時は演出振付家の隣でメモをとり、またある時には舞踊家たち一人一人に客観的視点からアドバイスし、リハーサルを見つめ続けてきたミストレスだからこその目線で時折綴ります。
Noism 1&2
バレエミストレスコラム
−カルメン再演への物語 第1話
Noismバレエミストレス真下恵が、創作の日々の中からお届けするコラム。
ある時は演出振付家の隣でメモをとり、またある時には舞踊家たち一人一人に客観的視点からアドバイスし、リハーサルを見つめ続けてきたミストレスだからこその目線で時折綴ります。
Noism 2
「Noism2定期公演」終幕(12/13)
12/11~13に開催した、Noism2定期公演も、おかげさまで全3公演チケット完売御礼にてラストステージを終えました。
1作品目の『Painted Desert』が開演すると同時に、客席の雰囲気も身の締まるような緊張感に包まれ、会場全体が舞台に集中しているのを感じました。今回は、Noism2設立以来初の「1人の振付家」だけの作品を上演する公演となりました。
Noism 2
「Noism2定期公演」初日(12/11)
Noism 12thシーズン一番初めの公演となる「Noism2定期公演」初日の幕が上がりました。Noism2定期公演では、これまで専属振付家とゲスト振付家の2作品をダブルビルで上演していましたが、7回目を数える今回はNoism2専属振付家兼リハーサル監督である山田勇気による新旧2作品を上演しました。
Noism 1&2
柳都会 第14回 吉原悠博×金森穣
「今、ここ新潟で話を聞いてみたい方」をゲストに迎えNoism芸術監督金森穣との対談を行うシリーズ企画「柳都会(りゅうとかい)」。
今回は、美術家の吉原悠博さんをゲストにお迎えしました。
2
私たちはNoismの活動を応援しています。